クルマ社会を問い直す会 トップへ
会報より トップへ

事務局より

清水真哉

 今年度の総会後の世話人会で、後藤昇さんとともに事務局担当に決まった清水です。前任者の仕事量が多かったため、二人で分担していくことになりました。なお清水の担当は、これまでも担っていた省庁交渉の他、ホームページ管理、対外対応などとなります。会員の皆様からの盛んなる野次、応援を期待しております。
 この六月から改正道路交通法が施行され、駐車違反の取り締まり方などが変わりました。大きな変化と思います。鉄道は駅から歩かなくてはならないが、クルマは目的地に直に行ける、こう思わせてきましたが、クルマだって駐車場から歩かなくてはならないのです。駅の無いところに列車を停めさせるような横紙破りを平然と続けてきたのが違法駐車のドライバーたちで、チョーク方式でそれを甘やかしてきたのが警察でした。これから先はこれを足掛かりに、バス専用レーンの24時間化、自転車走行レーンの確保と、より高い要求を掲げていきたいものです。