「クルマ社会を問い直す会会報」トップへ

クルマ社会を問い直す会 会報 第7号 1997.03.15発行

最終修正日:1997.03.17
 記事執筆者
01 日弁連 子どもの権利委員会への要望書問い直す会
02   1.生命の危機にさらされる子どもたち:生命権(第6条)の侵害 
03   2.「交通安全教育」は子どもたちを規制するだけです 
04   3.死者減少の代償として奪われたもの:遊びの権利(第31条)の侵害) 
05   4.その他の多様な権利の侵害 
06   5.モータリゼーションによる権利侵害を真剣に考慮してください 
07 諸団体訪問(S)
08 第42回子どもを守る文化会議についての報告(N)
09 それでも、事故は起きるのです(N)
10 会報5,6号を読んでどう実行するか考えてみました(M)
11 ランニングと車(M)
12 子どもにやさしい道づくりを(T)
13 窓の外は騒音滅煙倶楽部代表
14 総会・シンポジウムのご案内 
15 会員名簿を作ります 
16 世話人・事務局への立候補を 
17 会員拡大にご強力下さい 
18 その他のご連絡とお願い 
19 会の活動についての意見アンケート回答
20 オフロード車が踏みつぶすもの(アサヒグラフ)
21 卓上四季より(北海道新聞)
22 編集後記(S)

注意:クリックされますと、目次を残したまま記事ウィンドウを開きます。記事をお読みになったあと、そのウィンドウはお閉じください。
 記事の中には未掲載のものもあります。至急お読みになりたい場合はご一報ください。会報の実物をお送りできます。
 掲載文のうち、意見にわたる部分は筆者の個人的見解の場合もあります。

「クルマ社会を問い直す会会報」トップへ